ニキビがひどい高校生

ニキビ 治りました
現在高校2年生のKakeru です。(2021年5月現在)

高校生1年の時から今のニキビケアを始めました。
まず始めに、毎日の ニキビ の変化を動画で見てください。

一見そんなにひどくないようですが自分では結構悩みました。
そして治療途中で悪化もしましたが、現在はほとんど目立たなくなりました。

動画の最後の方は最近の肌の様子です。
明るさの陰影のせいでまだニキビが目立つように見えますが、明るいところではほとんど目立ちません。

では紹介していきます。

僕の肌質

ニキビに悩んでいる人はきっとみんな同じだと思うんだけど、僕は少しオイリー肌で(少し脂性程度)肌が荒れやすく、敏感肌だと親に言われていています。

ニキビが出だしたのは中学に入った頃からで、中学2年にはニキビが気になりだしました。ニキビがストレスになるほど目立つようになったのは高校生始めの頃で1年生の時にはひどいニキビ顔になりました。

みんなもたぶん中学後半くらいからニキビが気になりだすんじゃないでしょうか?僕も同じように中学後半くらいからニキビが気になりだし、ニキビ用の洗顔を親に選んでもらって使ったり、薬局でニキビ薬を買って使ってみました。

良くなるどころか悪くなるばかり

ニキビがひどい高校生

でもよくなるどころか悪くなるばかり。きっとニキビの成長に薬が追いついていなかったんだと思います。

思春期はホルモンの分泌が多いって言うし、ニキビを気にして肌にストレスを与えてるとも言われました。(親って的確に意見言ってくれるけどもっとやわらかく伝えられないもんかねぇ)

でも今、肌が気にならないくらいきれいになったのも親のおかげだったりします。見かねた父親が僕のために今回紹介する治療法を教えてくれたからなんですよね。

でもみんな、どんな治療法でもそれをやめたらまたニキビが悪化したりひどくなったりすると思ってない?

続けないと再び ニキビ は悪化するのか?

ニキビがひどい高校生

実は僕の場合、途中から治療をしていません。

少しニキビが出だしたらクリームを塗る程度で済んでいます。
それがみんな同じかというと一概には言えないんだろうけど、もしかすると同じ方法できれいになるかもしれないと思ってこれを書いています。

だいたいほとんどの人は「どうせ」とか悪い結果を想像してスタートしないんだろうけど、やってみたら結果は違うかもしれない。
僕がぞうだったから

ニキビ が治るまでに必要だったもの

それは焦らず毎日続けること。

そういうとなんだかめんどくさいように聞こえるけど、やることは洗顔と肌のケアだけだから誰にでも簡単にできる。

僕の場合は結果的には効果があったみたいだけど、すぐに効果が現れたわけじゃなかったです。

親が言うには(また親)、体調には波があって、ニキビが薄くなったと思っても元に戻ったり時には悪化することもあるらしい。

だから大事なのは根気よく続けること!(両親談)

まぁ確かに結果から見れば根気よく使い続けることはとても大事だと僕も思います。

逆にやっちゃだめなこと

ニキビがひどい高校生

一番ダメなのは毎日ニキビを気にして肌にストレスを与えることです。

僕もはじめのうちは毎日のニキビの様子に一喜一憂してストレスを感じていたんだと思います。

結果肌の調子が悪くなり、ニキビが結構悪化していました。たぶん動画を見てもらえれば分かると思いますが、途中からニキビが悪化していました。きっとその原因はストレスだったんだと思います。

お父さんお母さんに伝えたいこと

中学から高校にかけては自分の見た目にとても敏感になります。
特にニキビは見た目も悪いし、女の子ならなおさらじゃないかと思います。

僕のニキビ顔がここまできれいになれたのもお父さんお母さんの支援があったからだと感じました。

それはお金もそうだけど、毎日何気に気にかけてくれたりサボってるときは声をかけてくれたり。
もちろん毎日じゃなくていいので、僕ら子供のために協力をお願いします。

どうせあと数年で治るんだからっていうのも分かるんだけど、中学・高校生時代をもっと楽しく気持ちよく過ごしたいし、このブログを読んでいるってことはかなりコンプレックスに感じているんだと思います。

次のページ 【必読】ニキビ治療を失敗しないために